ひぐらし・ろくでなし

アクセスカウンタ

zoom RSS 衛星に金属塊をぶつけた

<<   作成日時 : 2005/07/05 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月4日はアメリカの独立記念日。

NASAは、ディープ・インパクトから放出した銅製の物体を目標の惑星「テンペル」の核に命中させたと喜びに沸いた。惑星は何かぶつかったのだろうと感じたかもしれない。時速36000kmの超スピードで命中しても、走行中の大型トレーラーにハエがぶつかるようなものなのだそうだ。

ぶつかる直前の画像からクレーターがあることが判明、衝突の衝撃で東京ドームほどの巨大なクレーターが出来て、噴出したチリが確認できたこと、太陽系誕生の46億光年前の神秘が解き明かされようとしている。

今年1月NASAにより打ち上げられた銅製の物体をテンペルにぶつけるのは、飛び出した小銃の弾に別の弾をぶつけるほどの精巧なテクニックが要求される。

衝突体(370kg)は、耐熱、耐衝撃に強いニッケル、銅、クロムの三元合金ではないか。

スペースシャトルの打ち上げで、もたついているアメリカだが、宇宙探査では、先端を切ったことが証明された。

数年前に、フロリダのケープ・カナベラルにあるNASAの巨大なスペース・シャトルの発射基地を訪ねた。
自社製のロケット・エンジンの部品が使用されていると思ったときには、興奮してしまった。NASAの基地には自社のロゴ・マークが壁に表示されていてビックリしたものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
衛星に金属塊をぶつけた ひぐらし・ろくでなし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる