ひぐらし・ろくでなし

アクセスカウンタ

zoom RSS 第8回 求美会展

<<   作成日時 : 2005/07/25 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005 藤田金治書展

7月20日(水)〜24日(日)池袋の東京芸術劇場展示ギャラリー(5階)で開催された。

藤田金治先生の大作「妙音楽天」を含む33点が展示され、あわせて、お弟子さん26名が同時に出展した。

アーチストの作品は、読める書体もあれば、墨絵のような、絵画のようなものなどあるのだが、彼女の作品は、「ああ燃ゆる巴里」、「生の律動」、「あってくだされ」(自作)の3点。

「生の律動」は、絵画のようでもあれば、字のようでもある。彼女から説明を聞いた。全部で数枚に分かれている。まず、大地から芽が出てくる。よく見ると「土」と言う字なのだ。季節が変わり、幹が伸び、枝が出て、樹木となり、林に変わる。すなわち、「生の律動」を表現してみたそうだ。

彼女とは、スペインを旅行したときに知り合った。ラマンチャの丘の風車。「ドンキホーテとサンチョパンサ」の荒唐無稽な物語は、日本でも有名だ。

そんな丘の上で、お互いに写真を撮りあったりしながら、帰国後は、彼女が大変な書道家であることを知った。展覧会に出展した作品は「Encore」(フランス語でもう一度・・・)と一気呵成に書き上げたものでした。

月日が変わり、今年もその季節がやってきたのだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン メガネ
第8回 求美会展 ひぐらし・ろくでなし/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン メガネ
2013/07/05 18:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第8回 求美会展 ひぐらし・ろくでなし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる