ひぐらし・ろくでなし

アクセスカウンタ

zoom RSS アート・フェア 2005 

<<   作成日時 : 2005/07/23 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私鉄沿線の大学キャンパスが燃えた。

7月15日から4ヶ日間、芸術学部でアート・フェア<ショーケース>と称して、ミュージック、コンサート、オペラ、ドラマ、ダンス、ファッション・ショー、コラボレーションなど様々な内容で上演された。

昨年までは、東アジアの音楽と踊りが芸術学部のレンガ広場で夜の公演だったが、今回は朝から夜まで、キャンパスの礼拝堂、チャペル、講堂、演劇スタジアム、レンガ広場、奏楽堂、各教室で開催された。

とても全部のプログラムを見ることができないので、若者に人気のあるものだけを見ることにした。

1 リズムピッチャプ
  水上タップダンス・パフォーマンス
  坂東三津五郎の娘と篠山紀信(写真家)の息子のデュエット。

2 ひょっとこ太鼓
    和太鼓の心地よい音色とリズムに引き寄せられる男衆。
    ディフォルメされた人間の表現に迫った。

3 義太夫 寿式三番叟 
    学生が踊るはじめての本格的歌舞伎舞踊。
    ここまでやれるのか、学生が「劇場などのこけら落としのときに踊る祝いの踊りで、6人
    の学生が堂々と五穀豊穣を願い、地を慣らして種をまく、躍動的な楽しい踊りだった。

その他、演劇スタジオで行われた「シェクスピア・アンソロジー」や、「シアター・ミュージアム」などを見て、学生が新しい発想と感覚でチャレンジしていて、頼もしく感じた。


 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アート・フェア 2005  ひぐらし・ろくでなし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる