ひぐらし・ろくでなし

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲しいカラスの子

<<   作成日時 : 2005/07/22 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

親に見捨てられたカラスの子が親恋しさに啼く。

近くの池の柵で、子供たちがガヤガヤと騒いでいた。
よく見ると、カラスの子を中心に取り囲んでいた。最近は、カラス公害で、どちらかと言うと悪役のカラスなのだが、カラスの子は、人になつき逃げる気配がない。

ガーガー啼き餌をせがむ。プール帰りの小学生がやってきた。おやつの代わりに、カルビーを食べながらやってきたのだ。カルビーは食べ切り、与える残り物がない。

低学年の女の子が駆け出し、餌を買いに行った。そして、他の子が、公園の水のみ場に水を汲みに行った。カラスは、バリバリとかルビーを食べ、水をゴクゴクのんだ。

親に見捨てられたカラスの子は、心優しい子供たちにより、救われた。

夏休み入りの子供たちにとって、夏休み日記に素敵な思い出として書き込むことだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲しいカラスの子 ひぐらし・ろくでなし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる